読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめっくすクレジットカード。

クレジットカードやお金を中心としたブログです。たまに、管理人の気まぐれで、レビューから映画や本の考察も書いてます。

LG電子の4k「有機ELテレビ」がたった1年半で100万円から30万円に値下がりした話

家電量販店に行くと、売り場には大型の4kテレビがたくさん展示されています。ネット上を探せば「4kテレビは買いかどうか」みたいな情報が散乱しているわけです。僕は最近、普通に2kのテレビを買いましたが(以下、記事参照)、無理して高額のテレビ購入すると、たった1年で70万円近く損する場合があります。

f:id:mametankusan:20170326143220j:plain

mame-tanku.hatenablog.com

最近、4Kテレビでは有機ELテレビがLG電子や東芝などの市場投入によって話題ですが、この有機ELテレビの価格崩壊っぷりがやばいです。これは有機ELに限らず4kテレビ全般に言える事でもあります。

・有機ELテレビって何?

今、家電量販に行くとLG電子の有機ELテレビが目立つ場所に展示されています。有機ELとは液晶と違い自ら発光する事で従来のようにバックライトの要らない新素材なわけですが、店頭で確認すればわかるように、他の液晶テレビを圧倒する黒の再現能力があるわけです。でも価格が高いといのうがネックでもあります。

65インチで70万円くらいが普及機とされるモデルです。

まぁ他の65インチも70万円台なので材質によってめちゃ高いわけではないんですよね。ただ、店頭でその表現能力に惚れて買った、という方も多いようです。

・100万円のテレビがたった1年半で30万円になった。

f:id:mametankusan:20170326143429p:plain

この有機ELテレビが本格的に市場に投入されたのが2015年の後半で、当時は65インチが100万円くらいしました。それが2017年3月現在の価格が約30万円です。

f:id:mametankusan:20170326143443p:plain

たった1年半くらいで価格が3分の1くらいになってしまったわけです。お金に余裕がある富裕層ならまだしも、ローンとかボーナス一括で買った人は本当に涙目ですよね。

kakaku.com

・東芝の4kテレビ55インチが15万円台まで下がってきた。

f:id:mametankusan:20170326143239j:plain

4kテレビの買い時がいつか。この問題に対して、最後に僕なりの結論を述べておきます。まずそろそろ買ってもいいレベルの価格には落ち着いています。例えば、価格.comにおける東芝の55インチの4kテレビが大体15万円くらいまで値下がりしています。

kakaku.com

Amazonでハイセンス(この前、僕が43インチモデルを買ったメーカー)の55インチのフルHDの液晶テレビが約7万円なので2倍払えば4kを買えると考えれば、それほど割高感はないと思います。ただ、65インチ台に関しては以前として60〜70万円台なので、もし60インチ台のテレビを購入検討されてるいる方は少し待った方が無難かと思います。

たぶん、来年か再来年には4kの大型テレビが10万円台というラインに入ってくると思うので、その時に買った方が無難でしょう。

洗濯機が半値になるという話は聞きませんが、テレビに関しては圧倒的スピードで価格が低下するので、お金に余裕がないのであれば無理をして高額モデルを買う必要はありません。それでも、4kの大型テレビが欲しいのであれば、東芝の「REGZA 55Z700X」はおすすめです。たぶん、有機ELも2〜3年も経てば当たり前の時代になります。次期iPhone8でも有機ELが採用されるらしいです。

以上、LG電子の4k「有機ELテレビ」がたった1年半で100万円から30万円に値下がりした話でした。